大道ブログ2.0では、旧サイトから引き続き「統合セルフケア」を主軸に発信していきますので、あらためて、背景などをお話ししたいと思います。

セルフ・ケアとは、自分のお世話をすること。自分自身の健康を最良の状態にキープするための自己メンテナンスです。

似たような言葉で、セルフ・ヘルプがあります。こちらは主にマインドを良くしたりなど自己啓発的な意味合いになります。

セルフ・デシプリン(discipline)も類似している言葉で、自己鍛錬とか訓練のような意味になります。武道やスポーツから決めた習慣を貫く修行まで、いろんなストイックな自主練に使われる言葉です。

私はセルフケアという優しい響きが好きだし、提供している内容にしっくりくると感じていますのでこれを使っています。

ただのセルフケアではなく「統合」という言葉をつけ加えている理由は、身体の健康だけにとどまらず、あらゆる側面から人が才能を発揮しつつ明らかに日々を過ごすためのセルフケアだからです。

セルフ(自分)でできる、が重要だと

個人セッションをしていると、心身が整い、ご自身の真の望みがわかって、次のステージへと大きく旅立つ方がいらっしゃいます。そんな姿を拝見するたびに喜びを感じます。

一方で、毎月通っていればそれでいい、お金払ってリセットしてもらえればいい、という考えの方もおられました。不快な状態を解消するためのアイディアを日常で試すこともありません。

ある時、ご主人様が転勤を命ぜられたというクライアント様がいました。私がいない土地で生きていくことなど考えられないとのことで、ご主人には悪いけど単身赴任にしてもらうとの事。

時期を同じくして、会社から転勤の辞令が出たけれど、私のセッションを受けられなくなるから退社して転職するとおっしゃる方まで出てきました。

この一連の出来事は、私自身のあり方や生き方について、考え直すきっかけになりました。そして、「これは私がやりたい事じゃない」とはっきりわかりました。依存ではなく、共に前を向いて歩む伴走者でありたい、と。

その人がありのままの自分と出会い、「力を蓄えて飛び立つことを後押ししたい」。これが私のやりたい事だよね、とあらためて気づかせてもらえたのです。

一人一人には個性的な才能があります。

その才能を自由に使って自然体で生きられる人もいれば、何らかの妨害が多くて思いっきり才能を活かせてない人もいます。

「才能」は、他人から認められる必要など微塵もありません。本人が「私はこれでいいんだ」と心から満足できることに意味があります。

「私はこれでいいんだ」という自信は強い軸になります。体も心も健全な感じがして、自分自身で望む環境をつくっていける、そんな状態です。

具体的にはどんな統合セルフケア

様々なコンテンツを提供してきましたが、目的は一つ。余分なエナジーロスをなくして、生命エネルギーを増やすこと、です。

やりたい事があっても、生きるためのエネルギーが枯渇していたり、健康に心配がある状態では行動できませんよね。いつも疲れていては、何もはじめられません。

ワークは、ナチュラルヴォイスで自分の真の想いを言葉化できるように、無意識のセルフケアにつながっています。

  1. 身体意識を育てる
  2. 住まいを活かし心を整える
  3. 口癖セオリー
  4. 身体セルフケア
  5. コミュニケーション

超具体的なハウツーから知識をつけるもの、そして非言語的なものなどがあります。ちょっとづつ繰り返していくうちに、余計なエナジーロスを自分自身で防げるようになります。

人間関係を円滑にする
良きパートナーと出逢う
だいたいご機嫌でいられる
お金の扱いに関して安心感がある
仕事や役割において充実感がある
身体が柔軟で気持ちいい

生きるためのエネルギーが充分であれば、欲しいものを手に入れやりたい事をすることができます。

ちょっと抽象的になってしまいましたが、別の記事で書き加えていきますね。

Pocket